人気記事一覧Popular Articles

【8月4日・5日開催】小倉記念、レパードSほかレース解説

先週のレース解説

小倉記念のレース解説などを掲載。白井先生は勝ち馬トリオンフを「危なげないレースぶりだったと思う」と評価し、小回りから広い舞台に替わった際のコース適性についても触れました。また、競馬格言の「夏は牝馬」を引き合いに出して、「夏は騙馬」のほうが正解なのではないかと言及。騙馬が夏競馬に強い理由を生物学的な観点から語りました。

解説レース・8/4(土)-8/5(日)
小倉記念
レパードS
ほか

記事を見る

【8月11日・12日新馬戦】情熱の塊と言っていいレベルの1頭だ

血統診断

こちらはフランケル産駒のミリオンドリームズなどを診断。白井先生は名種牡馬が名を連ねるこの馬の血統を「情熱の塊と言っていいレベル」と評価しました。デビュー勝ちを飾り今後の走りにも注目を集めそうですし、引退して繁殖牝馬になっても期待できる1頭ですね。

記事を見る

[第2章]タイキシャトルの本質を考える(タイキシャトル編)

最強の競馬学

タイキシャトル編の第2章は血統面や種牡馬としての成績などに触れる内容。白井先生は「この馬の実績と血統の質を考えた場合、種牡馬の成績は物足りないように感じる」と語り、成功し切れなかった理由に繁殖牝馬の質を挙げました。来週からはメイショウボーラー編です。前回は管理調教師として現役時代のエピソードに触れましたが、今回は種牡馬になったこの馬を“客観的”に評価。第1章では長所と短所について語られています。

記事を見る

【8月12日(日)】関屋記念

馬体診断

こちらは関屋記念の馬体診断。白井先生はプリモシーン(1着)について「キ甲の部分などはこれから盛り上がってくるとも思われるが、現段階の立ち姿でもバランスの良さは際立っている。個人的には好きな格好の馬だ」と高評価。まだまだ成長する余地が残されているので、今後の走りにも期待したいですね。

記事を見る

【7月14日・7月15日開催】函館記念、2歳新馬ほかレース解説

先週のレース解説

こちらは函館記念のレース解説。おそらく、函館記念から札幌記念のローテーションをイメージされた方が多かったのでしょう。昨年と同じ臨戦過程のサクラアンプルールについては「トップハンデを背負いながら、まずまずの競馬をして次にメドを立てた。こちらは札幌記念に堂々と向かえるはずだ。楽しみにしたい」とジャッジしました。

解説レース・7/14(土)-7/15(日)
函館記念
2歳新馬
ほか

記事を見る

メニュー

閉じる