[第7章]デインヒル系との掛け合わせで(デインヒル編) 過去の名馬

・ロックオブジブラルタルの特徴

ザ・ロックの愛称で有名なロックオブジブラルタルは、多くの活躍馬を輩出したデインヒル産駒の中で最も有名で、最も活躍した馬だろう。

GI7連勝という偉業を達成した彼の最大の特徴は、ダンジグからデインヒルが受け継いでいた豊富なスピード。
ノーザンダンサーの3×3というインブリードが、スピードの持続力に優れる馬を生み出したのだろう。
その一方で、瞬発力が少し足りない馬という印象を私は持っている。

ロックオブジブラルタルほどのスピードがあれば、それだけを武器に勝ち切ることができるかもしれないが、その域に達していない彼の産駒たちは、一転して勝ち味に遅い馬となってしまう。
そのようなタイプの馬が大舞台を勝つまではどうだろうか?

父のデインヒルがそうであったように、ロックオブジブラルタルも日本にシャトル種牡馬として供用された時期がある。
あれだけの実績を残している馬だ。
当然ながら、彼に対しての期待は大きいものだったが、生まれてきた産駒は総じて前さばきが硬かった。
ロックオブジブラルタルの特徴が全面に出てしまう馬では厳しいだろうな、という認識を私は持ったのだ。

サンデーサイレンス系の血は偉大だ。
ゆえにサンデーサイレンス系の血を中心とした配合を普通は組み立てる
しかし、逆転の発想をしてみてもいいのではないか、と最近は考えるようになった。
例えば、先ほども述べたロックオブジブラルタル産駒のネガティブ要素。
それを消す存在として、サンデーサイレンス系のしなやかさを加えるという発想だ。

マイルGIを2勝したミッキーアイルは、ディープインパクト産駒にしては珍しい“タメる”ことのできないスピードタイプ。
しかし、彼にはディープインパクトのしなやかさがしっかりと伝わっていた。
ディープインパクト産駒であったからこそ、彼はGIの舞台で活躍することができたと私は考えているのだ。

・サンデーサイレンス系とのマッチング

現在、日本と世界の生産者の関係性は近い。
サクソンウォリアーの母メイビーはその実績もさることながら、父がガリレオで母父デインヒルという血統背景も話題になった。
この血統構成を持つ彼女と配合し、血のランクを上げられる種牡馬は欧州にいない。
そこで白羽の矢が立ったのが、サンデーサイレンスの最高傑作であるディープインパクトだったからだ。
世界最高峰の生産者であるクールモアスタッドが、それを白日のもとに晒したという事実が見逃せないのだ。

私はメイビー自身を見たことがない。
しかし、仮に彼女が硬さの残る馬であり、ディープインパクトとの配合が、そのマイナス面を取り除こうという視点に立ったものであるのならば──。
それはサンデーサイレンス系の可能性を示唆するものであり、逆にサンデーサイレンス系の血が蔓延している我が国においては、どのような馬を繁殖牝馬として連れてくるかの指針にもなる。
デインヒル系の繁殖牝馬を持つ国ではサンデーサイレンス系の血が、これまで以上に求められるだろうし、デインヒルの入った母系はサンデーサイレンス系の配合相手として、日本で大ブレークする可能性があるということだ。

デインヒル系の勉強を進めることは、日本競馬だけで考えても十分に成果を上げられるものでないかと私は思う。
デインヒルには可能性のある後継種牡馬が多い。
これまでに名前を挙げてこなかった馬で、私が気に入っているのはエクシードアンドエクセル。
ノーザンダンサーのかなりきついインブリードを持つ同馬は、豊富なスピードを伝える種牡馬として重宝され、エクセレブレーションという後継種牡馬も出した。
ちなみに香港スプリントを連覇したミスタースタニングもエクシードアンドエクセルの産駒。
エクシードアンドエクセルのスピードにディープインパクトのしなやかさを加えてみたら、どのような産駒が生まれるのか?
純粋に興味が湧くのだ。


ダンジグ(牡)
1986年生まれ
米国産
父Danzig
母Razyana
母父His Majesty

通算成績
9戦4勝

主な産駒
ロックオブジブラルタル
デインヒルダンサー
ダンシリ
リダウツチョイス
ファストネットロック
ホーリーローマンエンペラー
など

※種牡馬成績は2019年4月時点


【過去の連載馬】
ノヴェリストの可能性を探る(ノヴェリスト編)
[第1章]世界最高峰の種牡馬(ガリレオ編)
[第1章]ステイゴールドの立ち位置とは?(ステイゴールド編)

メニュー

閉じる