人気記事Popular Articles

  • 2018.09.13 先週のレース解説
    【9月8日・9日開催】セントウルS、京成杯AHほかレース解説

    セントウルSなどのレース解説を掲載です。白井先生は勝ち馬ファインニードルの走りを「印象に残るレースをしたと思う」と解説しており、そう語った理由は58キロの斤量と道悪。斤量の違いが影響してしまう道悪のレースで、1頭だけ58キロを背負っていた同馬の強さを評価しました。また、キーンランドCの勝ち馬ナックビーナスと力関係を比較しており「こちらのほうが強そうだ」とジャッジしました。 解説レース・9/8(土)-9/9(日) セントウルS 京成杯AH ほか

  • 2018.09.14 血統診断
    【9月15日・16日・17日新馬戦】クラシックディスタンスに期待を抱かせる配合

    日曜阪神5Rで単勝1.8倍の断然人気に応えたルモンドなどを掲載。白井先生はこの馬を「ディープインパクトを父に迎えるにあたり、キングカメハメハ、ストームキャットという二つのニックスを持つことに成功。クラシックディスタンスに期待を抱かせる配合になったと思う」と適性距離について触れました。また、ルモンド以外にも良血クリソベリルやビーチサンバなどを語っており、前者については「芝でもダートでも活躍している一族の秘密」を探っています。

  • 2018.09.18 最強の競馬学
    [第1章]どうしてスプリンターに?(アドマイヤムーン編)

    アドマイヤムーン編第1章。中距離からクラシックディスタンスで活躍したアドマイヤムーンですが、その代表産駒には短距離馬がズラリ。なぜ、現役時代の成績と産駒の傾向に隔たりがあるのか? 白井先生は同馬を考えたときのキーホースとして、ある名スプリンターの名前を挙げました。次回はアドマイヤムーンに適した配合パターンなどについて掘り下げています。楽しみにお待ちください。

もっと見る ⇒

メニュー

閉じる